フライフィッシングでとにかく一匹釣ってみよう!!
餌つりはした事あるが、毛ばりでは釣れる気がしない方、どうぞサイトを見て行って下さい!!
フライフィッシングとは
毛ばりで魚を釣ること!
日本の毛ばり釣りのテンカラ釣りとは違って、
リールの付いたロットと特殊なラインで毛ばりを飛ばし、近くから遠くまでキャスティング出来る!

メニュー
◆トップ

◆道具を揃える
 フライロット
 フライリール
 フライライン
 リーダー/ティペット
 フライ(毛ばり)

◆フライキャスティング
 


◆フライタイイング
 

◆フライの釣り方
 ヤマメ・イワナの釣り
 ブラックバスの釣り
 コイの釣り
 アユの釣り
 ブラウン・レインボー

◆フライフィッシャー









フライフィッシング入門

        フライフィッシング入門の道具        

フライリール
小さい頃から餌釣りをしている人がフライフィッシングに転向すると最初に疑問に思うのが本当に毛ばりで釣れるの??
はじめの一匹が釣れるまで疑問に思うでしょう!!!
道具は何を揃えたら良いの?全然わかりません?

フライフィッシングの最初の一歩は道具を揃える事ですね!!
フライフィッシングをする為の道具
  ロット、リール、フライライン、リーダー、ティペット等

【フライリール】・・・フライフィッシングの片軸で出来ているリールのことです。
       選ぶ時は何番手のフライラインを巻くのか決め手となる。
       場合によっては、バッキングラインで下巻きで調整する必要がある。

       渓流のフライラインは#3(3番)とか#4(4番)とかなので
       フライリールもそれに伴い#3か#4で良いと思います。
       渓流はラインをあまり出さないために、バッキングラインの下巻きも少なくて良いです。



       湖用は#5とか#6のフライラインを使用します。
       この時にバッキングラインをしっかり巻かないと
       フライラインに巻きグセが付き、ラインを殆ど出して使うと
       必ず、ラインがごちゃごちゃになってしまいます。
       元に戻すのが数分間かかって、釣りする時間が無くなってしまいます。
       湖の釣りは必ずバッキングラインをしっかり巻きましょう!!
       巻きすぎにも十分注意して下さい。
       今度はリールが使えなくリールの中でからまってしまいます。
       



入門者はやはり何も考えなくて済むセットがお勧めです。
       
       殆どのセット内容は
       ロット、フライリール、バッキングライン、フライライン、リーダーリンク、
       リーダー、ティペット、毛ばりが数個です。
       釣り道具を持っている人がこのセットを購入すれば今すぐに
       ヤマメ、虹鱒、ブラックバス、などが釣れます!!!!

       ロット、フライリール、フライラインと三点のセットもあります。
       メーカーお勧めだから
       ロットとフライリールとフライラインの重さのバランスを考えなくても良い


お勧め情報
フライリールが安い
YAHOOオークションでフライリールが安い

渓流用で浮くライン、少し沈むライン、
湖用浮くライン、少し沈めるライン、底を探るライン
中級になると色々揃えたくなります。
いちいち巻きなおすの面倒ですから安いものでも良いでしょう!

中級フライフィシャーになる準備に是非利用して下さい!!




=========================================
【リンク】について
当サイトのリンクはご自由にどうぞ!


  はじめに  |  免責事項  |  サイトマップ  |  リンク  
copyrght 2009 (C) 黒のプードル