フライフィッシングでとにかく一匹釣ってみよう!!
餌つりはした事あるが、毛ばりでは釣れる気がしない方、どうぞサイトを見て行って下さい!!
フライフィッシングとは
毛ばりで魚を釣ること!
日本の毛ばり釣りのテンカラ釣りとは違って、
リールの付いたロットと特殊なラインで毛ばりを飛ばし、近くから遠くまでキャスティング出来る!

メニュー
◆トップ

◆道具を揃える
 フライロット
 フライリール
 フライライン
 リーダー/ティペット
 フライ(毛ばり)

◆フライキャスティング
 


◆フライタイイング
 

◆フライの釣り方
 ヤマメ・イワナの釣り
 ブラックバスの釣り
 コイの釣り
 アユの釣り
 ブラウン・レインボー

◆フライフィッシャー









フライフィッシング入門


        ヤマメ・イワナの釣り        

ヤマメ・イワナの釣り
ヤマメ・イワナの釣り

--------------☆渓流☆--------------
各地方の渓流がありますがなんといっても景色が良いですね!!
森林浴満喫でマイナスイオン感じます!!
せっかくですから釣りの記念にデジカメに残しておきましょう!!
私の場合はフライフィッシングやると夢中になりまわりの景色見る余裕がなくなります^^;
渓流付いたらまず心のに余裕を持ちましょう!!!
殆どの渓流にはヤマメが存在します。粘るとイワナまで出てきます!!!

初心者でも十分釣れる山里の渓流を選びましょう!
釣れる場所とは、渓流に入る入り口のお店に日釣り券を売っています。
魚の放流数が結構あり日釣り券を買わなくても現場で日釣り券を売りつけられます。
お店で買っていれば通常の料金ですが、現場金額は殆どが倍取られます!!
必ず、お店で日釣り券を買って渓流に入りましょう!!!

キャスティング距離は5mぐらい飛べば十分。

まずはドライフライの#12から結び様子を見ましょう!!
ヤマメの大きいのがいる時は大きいフライにアタックしてきます。
言わばパイロットフライと言うことです。
魚が出なければフライサイズを次は#14、#16 #18と落として行きましょう!!
渓流は#18あたりが標準サイズです。
ドラックをかけないのが基本。
なるべく、リーダー7X12フィートで7Xのティペットを結びましょう。
ナチュラル・ドリフトで流しましょう!!(ラインを引っ張ったらダメですよ)
渓流での基本はナチュラル・ドリフトです。

マーカーを付けてミャク釣り風ニンフの釣りこれが結構釣れる。
(渓流の餌釣りと同じ)

ウエットフライは逆引き、ドラッグをかけて向こう合わせ。
ポイントさえ選べば簡単に釣れてしまう時もあり。

渓流では人影を見ると魚に警戒されるので忍者に徹するべし!

先行者がいる時は、追い抜かないのがマナーです。


スポンサードリンク


=========================================
【リンク】について
当サイトのリンクはご自由にどうぞ!


  はじめに  |  免責事項  |  サイトマップ  |  リンク  
copyrght 2009 (C) 黒のプードル