フライフィッシングでとにかく一匹釣ってみよう!!
餌つりはした事あるが、毛ばりでは釣れる気がしない方、どうぞサイトを見て行って下さい!!
フライフィッシングとは
毛ばりで魚を釣ること!
日本の毛ばり釣りのテンカラ釣りとは違って、
リールの付いたロットと特殊なラインで毛ばりを飛ばし、近くから遠くまでキャスティング出来る!

メニュー
◆トップ

◆道具を揃える
 フライロット
 フライリール
 フライライン
 リーダー/ティペット
 フライ(毛ばり)

◆フライキャスティング
 


◆フライタイイング
 

◆フライの釣り方
 ヤマメ・イワナの釣り
 ブラックバスの釣り
 コイの釣り
 アユの釣り
 ブラウン・レインボー

◆フライフィッシャー








フライフィッシング入門


        山深く入る        

山深く入る時の注意
熊さん対策の鈴は必要不可欠ですね!
準備はOKですか?
熊さんもこわいですが山深く入って渓流は谷になっている時があります!
時には崖を降りなくては釣り場にはたどり着けません!
登山するわけではないので軽準備だとは思いますが崖から落ちて遭難するわけには行きません!
簡単に渓流に入れる所から入りましょうね!
いつも一緒に行っていた人が一人で崖の穴場を教えたのですが力尽きて
水の中に落ちたそうです!
気をつけましょうね!
一人で落ちた時に骨折でもしたら即遭難ですからね!
次の日に会社に出勤してきましたがうちみだけで済んで良かったです!
穴場教えた自分だからちょっと責任感じます!
落ちたので場荒れして一匹も釣れなかったようです!

あとは新潟の山奥に入った時に軽服装で入ってしまい川が谷の下にあり泥の斜面で降りるときは降りられた。だけど魚が釣れず斜面を上がろうとしたら泥なのでアリ地獄にハマったように滑って上がれませんでした!雨が降り始めて上がったのでやっと上がれましたが雨が土砂降りになったら上がる場所がなくどうしようかと思いました!
土石流でもきそうな場所で大変こわい経験をしました!

自然を予測する能力を付ける事が重要ですね!

はじめにここは雨が降ったら危ないなだからここは諦めよう、他を探そうとかですね!
別の場所へ行く勇気も必要です!

遭難してからでは遅いですからね!!!!








スポンサードリンク


=========================================
【リンク】について
当サイトのリンクはご自由にどうぞ!


  はじめに  |  免責事項  |  サイトマップ  |  リンク  
copyrght 2009 (C) 黒のプードル